2006年06月22日

スズメ愛部(撫)


megane.jpg


満月所属:
スズメ愛部(撫)

満月部活内容:
普段の生活の中で一番身近にいると思われる小鳥こと「スズメ」を愛撫することで、小さき動物を思いやる心を育てると共に、豊かな人格の形成を目標としています。
宇宙船地球号の乗組員は人間だけではなく、様々な動物たちがいますが、その中でも身近な隣人を愛することを学ぶことで、誰にでも優しく接することが出来る人間になることでしょう。

満月競技内容:
5人1組の団体戦の形をとり、それぞれの相手と対戦し制限時間五分間の勝負をします。(勝ち抜き戦ではありません)
中堅選手までの試合方法は、まず審判が選び出したスズメを会場の真ん中から放ち、互いのチームの選手が端から呼び合うことで、スズメが手の平に乗って来るまでを競い合います。ちょこんと手の平にスズメを乗せることが出来た選手を優しさ勝ちとします。試合制限時間五分以内に、どちらの手の平にも乗らないときには、スズメがより近寄っている方の選手にポイントが加算されます。

中堅からの試合内容は、お互い一匹ずつのスズメを審判から預かり、いかにスズメを可愛がることが出来るかテクニックを披露し合います。茶褐色の頭を指で撫でることから始まり、こちらは五分以内に相手より多くのテクニカルポイントをいかに得るかを競い合う形になります。
あまりの居心地の良さにスズメが眠ってしまうなど、スズメのリラックスの度合いがより審判に重要視されます。

大将戦後、合計ポイント数でチームの勝敗が決定されます。


満月反則事項:
手の平に米粒隠蔽行為。

ドーピング使用(スズメのフェロモン)。


ブティック女子マネージャーの仕事:
「練習のときに欠かせないスズメの世話をしています。元はそこら辺にいた野生のスズメなんですが、餌付けから始めまり、愛情を持って接することで、今では私の手の平にすら乗って来ますよ。
元々動物が好きだったんで、とてもやりがいがあります。
でも餌やりをしていると、時々カラスがやって来るときがあるのは困りものですね。」


ぴかぴか(新しい)女子マネージャー語録:
「選手には内気な人が多いですね。もっと他の人にも心を開けばいいのに。」










posted by leolio at 04:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 野外活動系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19651135

この記事へのトラックバック