2006年07月17日

nallowなろう部


megane.jpg


満月所属:
nallowなろう部

満月部活内容:
近年、将来の大きな夢を抱けない子供が多いと言いますが、それを悪く思うのは自分自身が夢を叶えることが出来なかった大人達の責任転換です。自分の尺にあった自分サイズの夢を抱くことから、この部活動は成立しています。
偉大な人物像なんて自己判断で判断して構いません。「なろう、なろう、明日はどうにでもなろう」の信念の下、小さなことで達成感を味わって終わっても誰も誰かを責めたりしません。
「クラス中で集めた消しゴムを積み重ねる」「起立の挨拶のときに着席を維持する」「ノートを一日一切とらない」「目をつむって授業を受ける」「全然好きじゃない子に本気で告白する」「あえてとっつき難いキャラで三年間過ごす」「校長先生に惚れてみる」「校長室に自分の写真を飾る」「オリジナルの制服で登校」「365日間、開校記念日と決めてみる」「何かにつけて人からアドバイスをもらいたがる」「誰にも見付からず夜の学校に居残る」
こういった傍から見れば、だたの子供の一人遊びの延長戦のような行いを部員一人一人が行います。
Nallow mind(偏見)の眼差しを送られてしまいそうですが、無駄に無計画な大きな人物になろうとしなくても、小さくnallowな人間になろうとすることに意義があります。


満月競技内容:
基本的には大会会場で実演を振舞う必要はありません。各自選手たちが披露した行いを撮影したビデオの上映会をします。
各学校、各選手持ち寄ったお菓子やジュースを口にしながら、普段の「小さななろう」をみんなで品評します。あまり計画性がある人間がいませんので、長いときは持ち寄ったビデオの上映は夜通し三日間も続くときもあります。
そして実演者を含む、観覧者の全員の投票で三位までの「ベストなろう」を選出します。自分自身にも投票可能です。
組織票も可能ですが、そんな大きなことが出来ないのがこの「nallowなろう部」の選手たちです。個人活動が好きな選手がほとんどですので、組織票の心配は誰もしたことありません。
長い上映会のため、観る側の疲労からか最初の方か、最後の方に上映されたビデオが選ばれがちな傾向にあります。


満月反則事項:
ビデオ内容が大きなことしていた場合(例:人命救助)。その代わり、"犬に助けられる"などはかなりポイントが高いです。


ブティック女子マネージャーの仕事:
「女子マネージャーの仕事は選手たちの技の披露の撮影です。これがないと幾ら華麗な小さな行いをしても何も証拠が残りませんからね。
でも時々授業中などに無茶をする人が選手いるのは困りものですね。撮れませんよ、そんなの。」



ぴかぴか(新しい)女子マネージャー語録:
「無害ですけど変な人が多いですね。たまに指示しちゃいます。」







【関連する記事】
posted by leolio at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。