2007年03月13日

静脈怒声部


megane.jpg



満月所属:
静脈怒声部


満月部活内容:
近年簡単にキレやすい子が増えつつあります。一種のファッション化の如く暴言・暴力で他人を傷つけるのは大変嘆かわしい行為です。そして「オマエモナー」と言って許されるのは小学生までです。

安易に口から出てしまう罵詈雑言。宿題をしようと思ったときに、バッドタイミングで母親に「宿題しなさい」と言われ、カチンと来る気持ちも分かります。だがしかし、己の感情の起伏をただ相手にぶつけるだけでは誰の下にも平和は来ません。ヒステリックに無様に叫んでいいのは女性政治家だけです。
他人との関係を壊すばかりか、自分の人としての価値も落としがちなキレるという行為。かといって腹の内に納めてしまうのもストレスが溜まってしまいます。あまり自分で自分を誤魔化し続けると心の病気の原因にもなってしまいます。

ではどうしましょう?素直に怒る他ありません。
怒りに感情を任せても構いませんが、相手を傷つけない怒りの表現を習得しましょう。目指すは「うっせーな!!」と言って、相手に嬉し涙を流させるほどの、温かみのある怒りです。



満月競技内容:
選出された競技者一名ずつ、ボランティアで参加して下さった父兄の皆さんとシチュエーションコントをしてもらいます。

あるときは店先で誤って水をかけられたり、あるときは電車の中での携帯電話を注意されたり、好きな子に出したラブレターを黒板に貼り出されたりと、腹が立ちやすい設定で演技をしてもらいます。ただし、本当に怒ってもらった上で相手に優しい罵声を吐きかける技術を見せてもらうために、水は氷入りの泥水をかけますし、携帯は奪った末に折って破壊されます。ラブレターに至ってはネットで世界に配信です、もちろん英語翻訳付きです。本気で怒ったときにどれだけ相手に優しく怒れるかが競技の決め手ですですので、これも極仕方ないことなのです。
本気で怒った後に相手に罵声を浴びせて下さい。しかし相手を哀しませたり、逆上させるようではこのクラブ活動の部員とは言えません。怒ったはずなのに、相手に「ありがとう!」と言われてこそ、その感謝から自分の心も温かくなりますし、怒りも収まるということです。

罵声の酷さと感謝のされっぷりとの落差を審判五人から採点され、もっとも高得点を稼いだ部員が優勝となります。

過去の例では、「地獄を駆け足で一周してこい!!」と罵声を浴びせたのに、そのあまりに温かみのある怒りっぷりから、相手の親御さんに涙ながら「うちの子になって!!」と言わしめた高橋湿太選手などは今でもレジェンドとして語り継がれています。その後、本当に養子になったのは有名な話です。その相手から感謝のされっぷりから、今では一流企業で若いながらも役職に就いています。

ともかく叩かれ慣れして下さい。



満月反則事項:
怒っていない。

鼻から誉め言葉を掛ける。

怒りの矛先がトンでもない。

くってかかる。

陰口を叩く。

笑顔が怖い。



ブティック女子マネージャーの仕事:
「練習中にたまに聞き手に周りますが、罵声を浴びされて素直に怒りがこみ上げるばかりです。嬉しかったことは一度もありません。部員の声がうるさいのでヘッドホンをしたぐらいがちょうどいいです。あと話しかけるときはメガホンは必需品ですよ。」



ぴかぴか(新しい)女子マネージャー語録:
「でもね、罵声なり悪口はいずれ自分に帰ってくると思うよ。」




★★★★★最大10,000ポイント(1万円相当)が当たります。★★★★★


最大8000円引き 新生活応援ハッピーセール



笑顔で運動するのも理由がありそうです。
img10302638805.gif
ブログランキング
posted by leolio at 15:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 交流系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イラストがほのぼのしてていいですね。
Posted by natumi at 2007年03月14日 16:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。