2008年02月21日

跳び移り箱部


megane.jpg


満月所属:
跳び移り箱部


満月部活内容:
体育道具を本来の用途のみで使用するのでは、あまりに工夫がありません。ハードルは飛び越えるだけのものですか?いいえ、くぐってもいいのです。なわとびは飛ぶだけのものですか?いいえ、荷物をくくってもいいのです。
既存の物を教えられたとおりの使い方でしか使えないなんて、柔軟な思考を持つ学生の個性を押しつぶしてしまうことになります。道具が人を選ぶのではなく、道具を自由に扱う創造性が大事なのです。

この部活動では、本来高く跳び越えるだけの箱こと、跳び箱に光を当て、あえて跳び越さずに跳び箱の上から跳び箱へと、跳び移ることを競技としたものです。

跳び箱から跳び箱へと飛び移る側、跳び箱と跳び箱の間でそれを妨害する側との攻防が非常にスリリングです。



満月競技内容:
円を描くように六つの跳び箱を配置します。このとき審判により、時計回りで順にA,B,C,D,E,Fと跳び箱に札が貼られます。
ディフェンス側の選手五人一組は、その跳び箱の間に一人ずつ立ちます。このとき跳び移り妨害の道具として所持を許されているものは、竹刀やリボン(新体操用)等、必ず道具が自分の片手など、身に触れるものでないといけません。ラグビーボールなど飛び道具を所持しても構いませんが、投げつけるなど、自分の体から離れた時点で反則とされます。尚ボールを持ったまま叩くのは有効ですが、故意ではないにしろ万が一に手から落した場合は飛び道具と見なし、その選手は反則となる恐れがあります。

対する攻撃側は、五人が一列となり順番に一人ずつAの跳び箱から上に昇り、時計回りで跳び箱の上を跳び移って一周して行くことになります。
そして守備側はその行く手を、跳び箱の下から妨害して下さい。

跳び移りに失敗して地に下りた時点で、その選手はそのターンは跳び箱に昇ることを許されません。


無事一周して六番目の跳び箱こと、Fの跳び箱まで飛び移ることが出来た時点で一点先取となります。
自分の前の先取がCの跳び箱にまで辿り着いたのが確認出来た時点で、次の選手はAの跳び箱に昇って下さい。それまでにAの跳び箱に乗って待機することはフライングと見なし、その選手は失格とされます。
一周して帰ってこれた選手は、上のルールでまたAの跳び箱から一周を目指すことが出来ます。

攻撃側の選手五人が全員跳び移りに失敗すると、攻撃側と守備側のターン交代となります。
計三回のターンの結果、より多くの回数跳び箱を一周して、より多くの点を獲得したチームが勝利となります。

tobibako.jpg

跳び箱の高さは最低二段から最高八段まで、お互いのレベルと朝の基礎体温、そして度胸具合で話し合って決めて下さい。
跳び箱があまりに低いと、防御側と目線の高さが変わらないという攻撃側としては非常に跳び移りにくい状況になります。逆に八段などの高さを持つと、跳び移るのは比較的簡単になりますが、もし失敗した際のその高さからの落下には誰も責任を負えません。そのため高さのある跳び箱での競技の際には、受身の習得が必至とされます。




満月禁止事項
攻撃側(跳び移り側)の足を防御側が掴む。

防御側の飛び道具の使用。前述参考。

攻撃側のスパイク靴の着用。

攻撃側の道具の所持。

攻撃側の上空からの唾吐き行為。

防御側の攻撃側への靴紐緩め行為。

防御側の跳び箱自体の揺すり行為。

一部跳び箱だけ、台を数段ほど引っこ抜く(引っこ抜き行為)。

一部跳び箱だけ、台を追加して高くする(継ぎ足し行為)。

攻撃側が防御側の頭を踏んで渡る。

親の悪口。

ガム・ジュース等の飲食物の含口。

これじゃあ「踏み箱だな」と口に出して言う。

普通に跳び箱を跳び越す。

高鬼って遊びと似てね?と心に思う(口に出さなくても)。




ブティック女子マネージャーの仕事:
「飛び移った際に跳び箱自体が崩れないように、体育館のフローリングに滑り止めを塗ったりします。」



ぴかぴか(新しい)女子マネージャー語録:
「時々防御側として練習に参加するんですよ。竹刀で先輩なんかを突くときは、練習なんですけど笑えてしょうがないです。また狭い跳び箱の上で先輩が右往左往してるのは見てて楽しいですね。私は跳び箱の上になんか昇りたくもないです。」



★★★★★【60%OFF】【H&M】【レディース】【バルーン袖コート】【レトロ】【くるみ釦】【ツイードコー... ★★★★★





senba.jpg
ブログランキング
posted by leolio at 03:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 武道系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。